トップ

学校の規模が縮小している状況

少子化に伴う学校問題

資格の学校

学校の合併の可能性は

最近は少子化や地方の過疎化などに伴い、学校の規模が縮小しているエリアもあり、合併をするところが増えています。第二次ベビーブームの世代が子どものころには教室も足りなく、増やしていった経緯があります。そのころは使用教室はいっぱいまであったのですが、昨今の少子化などにより余っている教室も数多くなっている状況です。また、学校を合併をしたり、閉鎖をするところもあるので、そういったことがニュースなどの話題になったりすることさえもあるのです。通学にかなり困難を伴う状況になっている子どももいることは確かなのです。

地方の小中の合併に関して

少子化、東京への人口集中などの問題により。学校の合併の議論を地方でよく耳にします。たしかに少子化は待ったなしの課題ではありますが、合併をするということは当然廃校になる校舎がでてきます。こうなれば廃校を取り壊すのか、その莫大な費用をどのようにして捻出するか、取り壊し後の土地に何を誘致するかなど様々な決定をしなければいけません。また在学していた生徒達は長い距離をかけて別の校舎に通うことになります。公共のインフラが不便になれば引越しを考える世帯も出てくるのでその地域の過疎化を進めてしまう可能性も考えられます。今、一度立ち止まり廃校という措置が正しい選択なのか小さい学校が多いフランスなど諸外国と見比べ思考することが求められます。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の規模が縮小している状況. All rights reserved.